マンション売却は流れを把握しておかないと失敗する

マンションを売却しようと思った時に何からすればよいのか。よくわからない方もいると思います。不動産屋に売却を依頼するのは想像がつくとは思いますが、すぐに近くの不動産屋に相談に行くのは、ベストは方法とは言えません。まずはこれから説明するマンション売却の流れを把握した上でどのように売っていけば良いのかを把握してもらえればと思います。

マンション売却の流れを掴む

何からすれば良いのかわからない方の為に、マンションを売却する流れについて説明していきます。流れを掴んでおくだけでも、どのように計画を立てなければいけないかが分かったりします。失敗しない為にもしっかりと把握してください。

①不動産会社に相談・査定
②媒介契約
③売り出し開始
④内覧
⑤売買契約

①不動産会社に相談・査定

まず、必要なのは不動産会社に相談・査定してもらう事です。

えっ!

「すぐに近くの不動産会社に行くのはベストな方法ではない」って言ってたけど

と思った方もいると思います。

これは、不動産会社に相談して査定してもらう事自体は間違いではないのですが、まずは、相談に行く不動産屋をしっかりと選ぶ必要があります。やみくもに近くの不動産屋に行くのではなく、これから売却を検討している不動産に合わせて業者を選んで欲しいという事です。それぞれ不動産屋は売買をしてたとしてもマンションが得意、一戸建てが得意など扱っている不動産が異なる事が多いんです。マンションを売却するならマンションを多く扱っている不動産屋に仲介を依頼した方が売却しやすいですし、蓄積している情報もあって売れやすいはずです。どの業者相談にいくかがとても重要!

また業者を比較するために複数の会社に査定することが重要ですので、時間と手間を考えると一括査定サイトの利用をオススメします。詳しくは→「不動産会社を選ぶ前にマンション売却の一括査定を必ずしておく

②媒介契約

不動産会社に相談後、売却する事を決意したら、不動産会社に仲介をお願いして買主を探してもらう事になります。不動産会社と媒介契約を結び仲介をしてもらいますが、媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があり、一般媒介契約は複数の会社と媒介契約を結び幅広く売却活動をするのに向いています。専任媒介契約、専属専任媒介契約は一般媒介とは違い、複数の業者に仲介してもらうことができず、1社のみに売却を依頼する契約です。

それなら一般媒介契約の方がいい!と考えますが、一般媒介契約の場合、複数の不動産会社が動いていますが、最終的に仲介手数料を貰える業者は1社だけです。もし販促活動をしても買主を見つけられなかったら、営業活動がムダになってしまうため、専任媒介や専属専任媒介契約している売主の方を優先する傾向があります。不動産会社のモチベーションは下がるデメリットがあります。

詳しくはまた次の機会に説明します。

③マンションの売り出し開始

媒介契約を結んでからは、売り出し価格などを査定額や相場などを考慮して決めて売り出しを開始します。不動産会社と契約する際に、どのような営業活動をするのかをあらかじめ聞いておくと良いと思いますが、大体、大手ポータルサイトへの登録、レインズへの情報登録、新聞折込チラシなどの営業活動をしてくれます。

多くの業者が上記に加えて自社のホームページや自社に集まっている購入希望者などに情報を知らせてくれるはずです。購入希望者にいかにして不動産の情報を届けるががとても大切になってきます。

④内覧

売り出しを開始すると、売却中のマンションの情報をみて、気になった方から内覧の申込みが入ります。内覧せずに購入もできますが、見ないで購入はまずありえないので、必ず内覧にきます。実際に物件を確認して購入するか検討していく感じです。この内覧ですが、軽く考えている方もいますが、実際に見た際の印象で売却できるかどうかが決まってきます。

印象が悪ければ購入しませんし、印象が良い場合は検討候補になります。印象については物件だけでなく売主自身も関係してきます。対応次第でこの売主から購入したくないと考える人もいますので、しっかり対応しなければいけません。

最低限、物件はキレイに片付け、物で溢れ返っていないように!特に水廻りはキレイにしておかないと、それだけで印象が悪くなったりもします。

⑤売買契約

内覧を終え、他の不動産との比較検討の結果、購入したいとなった場合、重要事項などの説明を受け、両者合意した場合、売買契約を締結することになります。手付け金などを支払うため、状況によっては契約解除することができますが、簡単にはいきませんので、十分注意しておく必要があります。

まとめ

マンション売却の大体の流れがわかったと思います。説明できていない部分もありますが、大体この流れで売却が進んでいきますので、把握しておいてください。大体ですが平均すると3ヶ月程度で売却が可能です。

ただし、物件によっては、長くかかる場合もありますので、売却を開始するならなるべく期間に余裕をもってできるようにしておくべきです。売却期間が短かったり、急いで売却しないといけない状況になると、交渉が不利になり、値下げ交渉に応じるしかない状況にもなりかねません。なるべく高く、ベストな売却となるようにしっかり流れを押さえておきましょう。